ピジョンズ・パーク(P.P)的 干支の引き継ぎ式

2015年も残り3時間を切りました。
ピジョンズ・パーク(P.P)読者のみなさんをはじめ、
お世話下さったみなさまに感謝申し上げます。
ありがとうございました。

新しい年も何かしら、ふるさと魅力を探して、
(P.P)読者のみんなに
小さな幸せのかけらを提供できればと願っています。

2016年もどうぞ、よろしく。

新しい歴史に一歩を踏み出した
ポッポニュース3のご愛読くださいますよう、
番ネコ(=^・^=)ともども、願う次第なのです。

というわけで、ピジョンズ・パーク(P.P)
恒例の干支の引き継ぎ式を行いました。

いつもなら、大谷焼窯元〝佳実窯〟さんの
焼き物作品が登場するのですが、
今回は、縁あって伊勢の五十鈴干支さんにお願いしました。

佳実窯さんのサルは後日ご紹介しますね。
それでは、(P.P)読者のみなさん、良い年をお迎え下さい。

1231(干支の引き継ぎ式)
▲伊勢神宮からやってきた五十鈴の干支サル。
新しい年の小さな幸せ探しをどうぞ手伝ってくださいね。

これで一安心〝〆詣〟

2015年末に思う

_MG_3276
▲通勤客の姿もまばらな駅ホーム

2015年も残すところ今日を含めて2日となりました。
毎年感じていることなのですが
「またしてもやり残したことがたくさんある」ような〝気〟がして、
ピジョンズ・パーク(P.P)はどうも落ち着かないのです。
“これで一安心〝〆詣〟” の続きを読む

年末の懐かしい顔

_P_L3070
▲川上画伯と介助犬たんぽぽ。2011年2月撮影。

2015年最後の日曜日だった昨日(27日)。
地元新聞の朝刊にのんびり目を通していたピジョンズ・パーク(P.P)は、
見慣れた人の名を見つけてうれしくなりました。

ピジョンズ・パーク(P.P)のポッポニュース2では、
もうお馴染みの色えんぴつ画家・川上和彦くんを紹介する記事でした。
というわけで、ポッポニュース3でも、初登場いただきす。

今年4月に死んだ介助犬たんぽぽ号との日々や、
色えんぴつ画家として活動する川上画伯の活躍に
思いを馳せることができました。

そうして今年、お世話になったお礼の気持ちを持ったまま、
さて新年会をいつ頃やろうかと、心弾ませる年末を過ごしている(P.P)なのです。

_P_L3143
▲川上画伯の日常を支えた介助犬たんぽぽ(愛称:ぽぽ)


▲2015年12月27日付け徳島新聞朝刊。

川上画伯のうれしい記事に出会いました。
掲載いただきありがとうございます。
ピジョンズ・パーク(P.P)からも、お礼を申し上げます。

ふるさとのチャームポイント:色えんぴつ画家・川上和彦氏

雪無し峠

チェリーロードライン2015

DSCF5569▲チェリーロードラインの峠にある展望台。

吉野川市川島町と美郷地区を結ぶ県道43号線は、
吉野川の南岸につらなる山の山腹を走る眺望良い山道。

春には街道沿いを無数の桜花が彩ることから、
別名チェリーロードラインと呼ばれて
徳島県西部の花見名所としても知られています。
“雪無し峠” の続きを読む

ピジョンズ・パーク(P.P)のサイト一新

新しいPIGEONS-PARKを、どうぞご愛顧下さい。

ピジョンズ・パーク(PIGEONS-PARK)が長年収録してきたふるさとの魅力集、
ポッポニュース読者のみなさん、こんにちは。

このたびピジョンズ・パークはオリジナルサイトとともに
ポッポニュースブログも一新。
当サイト内に引き継ぎ、2016年にこぎ出していくことになりました。

思えば、初代ポッポニュースをしたためたのは2014年(ocnブログ人)。
継いで、2005年からは現在までご愛読いただいた
2代目ポッポニュース(POPPO NEWS blog 2・gooブログ)と、
11年間にわたって、ふるさと徳島の魅力を書き連ねてきました。

そして2016年。12年目を迎えるのを機に、
ポッポニュースは3代目へと移行します。
3代目ポッポニュース(POPPO NEWS blog 3)が取り上げるのは、
これまで同様にふるさと徳島の魅力。

イベントや祭りや風景やパワースポットや人や店や…。

初代・2代目ポッポニュースが伝えてきた徳島の魅力は、
これからどう発展するのか。記録し紹介するのが3代目の務め。

これまでご愛読いただいたポッポニュース読者のみなさんに
感謝しお礼を申し上げるのと同時に、今後のご愛読をお願いして、
第1号投稿とさせていただきます。

みぃこ06
▲(P.P)番ネコがやってきたのは2006年でした。
鼻の頭は真っ黒で、手のひらにおさまっていた(P.P)番ネコ。
10年経った今では、椅子からはみ出るくらいに貫禄がついた。
いつか虎になるつもりなのだろう。