谷あいの春

より大きな快楽のため(=^・^=)

昨年暮れから続く暖冬のためなのでしょう。
ロウバイはもちろん、木によっては満開している梅花やジンチョウゲなどを見かけます。

P1158969▲2本の清流「高根谷川」と「野間谷川」が流れる神山町神領。冬枯れた谷あいに石積みの畑や田が広がっています。

開花時期が大幅に前倒されて季節感も狂ってしまいます。
昨日、阿波市土成町の山中では、5月の連休明けくらいに見頃がやってくるはずのオンツツジが
赤い花で枯れた山を彩っているのに出会いました。

混沌とした季節感を取り戻したくて、ピジョンズ・パーク(P.P)は先日、
深い自然が残る神山町に足を運び、里山を散策。
本格的な春の到来を待ち焦がれる例年の愉しみを探してきました。

やっぱりね、じらされることで気持ちは昂(たか)ぶるもんだし、
やっと叶えられることで得られる快感はいっそう手応えのあるものになるのです。

だから(P.P)は今、あえて冬を探し、春を探り当ててみたいのです。

P1158972▲石積みというと、徳島県では吉野川市美郷地区の高開の石積みがよく知られています。そうして決してひけを取らない石積みの風景が、神山町神領にもあります。

P1158978▲田植えの季節を待ち遠しく感じさせてくれる冬の棚田。

▲これぞ、The TANADA。一番奥にそびえているのは、焼山寺山。

▲谷あい散策で妙見神社のお膝元を通らせていただきました。二拝二拍手一礼。お招きいただきありがとうございました。

ふるさとのチャームポイント:神山町・神領地区

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblr

「谷あいの春」への2件のフィードバック

  1. おっ、どこかで見たような景色!
    毎日見慣れている景色、そして自分も何回も撮った景色。
    それなのに他人様が撮った景色はどこか別の場所のような・・・
    そんな新鮮さを感じるのです。
    これからは「見飽きた」などと決して言いません。

    1. 女神さま。コメントありがとうございます。
      ほっとする風景をご案内くださってありがとうございました。
      また、よろしくお願いします。
      ※ところで鳴門は吹雪でしたよ。

コメントを残す