寒い季節にはコレッ!

150mlのしあわせ!

岳人の森の湯飲み▲四国山岳植物園 岳人の森の湯飲みでいただく甘酒は、(P.P)にとって寒い冬を楽しむのに格別な味だったりするのです。

今週末、大寒波がやってくるのだそうです。 南国と評されることもある「ふるさと徳島」にも!

まぁ、海抜0mから、標高約1955mまで、狭い県土に豊かな環境変化がひしめき合ってるわけで、雪国のような場所があっても不思議ではありません。

ただ、今回の寒波は何十年かぶりというような冷え込みが予報されてるようで、積雪や水道の凍結といった事態に備えておきたいところです。

このところピジョンズ・パーク(P.P)のポッポニュース3でも「寒さ」がテーマになってますが、寒いからこそ、冷え込むからこそ、といった楽しみがあります。

そんな楽しみの一つが、あったかぁ〜い甘酒。

味噌屋さんや酒蔵さんのどぶろく甘酒が好物ですが、酒粕を湯に戻して、適量のお砂糖や生姜で味付けする甘酒も、この時期、恋しくなる味覚だったりします。

そして、この甘酒を飲むのに、重宝しているのが6年ほど以前に〝四国山岳植物園(旧しゃくなげの里) 岳人の森〟で分けてもらった湯飲み(各500円・税込み)。軽く150mlくらい入り、甘酒をいただくのにちょうど良い分量になるのです。

はぁ、この週末もこの味とあったかさで、元気に過ごせそうです。(P.P)読者のみんなにも試してほしいな。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblr

コメントを残す