敷地敷島神社

近くて遠かった神域

DSCF8435▲石の大鳥居。舗装された参道が真っ直ぐに境内へ延びています。

7、8年前の記憶を頼りに、一度きり、お参りしたことのあった神社を探しました。 “敷地敷島神社” の続きを読む

大谷焼窯元『佳実窯』と葛城神社

窯元と古墳と神社と

P5170084▲工房の裏手に祀られていた葛城神社と、大谷焼窯元『佳実窯』の窯主・瀧野佳宏さん。

鳴門市北灘町粟田地区の杜(もり)に、葛城神社が建立され、一言主神が祀られています。 “大谷焼窯元『佳実窯』と葛城神社” の続きを読む

西麻植八幡神社の鳴き狛犬

鳴いて迎えてくれる狛犬

DSCF8404▲鳴き狛犬の愛称で呼ばれる陶製の狛犬さん。1834年に焼かれたものだそうです。御年182歳の老狛犬さんなのです。

寺の聖域を守るのが仁王様であるなら、神社の神域を見つめるのは狛犬さんであったりします。 “西麻植八幡神社の鳴き狛犬” の続きを読む

母衣暮露滝

氷瀑の名所で初夏の涼

DSCF8280▲初夏の涼風が母衣暮露滝を流れてきました。

先日のこと。おこうっつぁん(高越山)山頂近くの船窪つつじ公園でオンツツジ花見を楽しんだピジョンズ・パーク(P.P)は、 “母衣暮露滝” の続きを読む

高越神社 奥の院

First Place. First Contact.

高越神社奥の院▲深山の聖域。奥の院に初詣させていただきました。

ピジョンズ・パーク(P.P)のシゴト場から吉野川沿いに延びる堤防道を辿って向かったのは、山川町川田の川田八幡神社。 “高越神社 奥の院” の続きを読む

船窪つつじ公園のオンツツジ

真っ赤に〝萌え〟るぅ♫♬ おこうっつぁん

DSCF8254▲船窪つつじ公園のオンツツジ群落。花満開の見頃を迎えていました。奧に見えるのは高越山。

このところ晴天続きでしたから、昨日の雨は、田植えを終えた田んぼやトウモロコシやレタスなどの畑、そしてピジョンズ・パーク(P.P)のプランター菜園にも恵みの潤いとなりました。 “船窪つつじ公園のオンツツジ” の続きを読む

初夏の山岳植物園

標高1000mの花園

P5120027▲標高約1000mに拓かれた植物園。県内外から多くの花見客が訪れています。

本日の徳島は快晴。明日も好天予報となれば、お洗濯もやる気が満ちて、トイレや洗面所や台所やお風呂のタオルも全〜部っ、まとめて洗濯機へドンっ。 “初夏の山岳植物園” の続きを読む

彩雲

初夏の空色

DSCF8131▲空の右と左のほうに彩雲が現れました。そして中央右よりに見える雲の筋は飛行機雲。その下には影が! 飛行機雲のドッペルゲンガーです。ラッキー!

今朝のふるさと徳島は、青空に覆われています。午前8時前にはすでにジリジリと照りつける光の強さを肌に感じるくらい。 “彩雲” の続きを読む

アケボノツツジ

曙に賑わう剣山スーパー林道

P5079978▲高城山の尾根で花を満開させるアケボノツツジ。

総延長日本一を謳う未舗装道『剣山スーパー林道』(総延長約87.7km)沿いに連なる新緑の山々で、山肌にアケボノ色を際立たせるポイントに出会います。 “アケボノツツジ” の続きを読む

ツツジの花名所

読めますか?「躑躅」

DSCF7953▲椎宮八幡神社の境内は徳島市内でも指折りのツツジの花鑑賞ポイントとして知られています。小径の溝を埋めるくらい花が散っていましたが、頭上はにはまだ沢山の色が残っていました。

日本に生まれただけでは「髑髏」とか「蝋燭」とか「躑躅」とか、きっと一生自信をもって書けるようにはならないだろうなと思うのです。 “ツツジの花名所” の続きを読む