蜂須賀一族が眠る万年山墓所

藩主たちの眠る山

DSCF8029▲墓所の中でもひときわ広く大きな構えを見せるのは、第10代藩主・重喜(しげよし)の墓。佐古山に当墓所を整備し、万年山と命名したと伝えられています。

明治より前、ふるさと徳島がまだ徳島藩と名乗っていた頃、藩を統べていたのは初代・至鎮(よししげ)から14代・茂韶(もちあき)にいたる蜂須賀家でした。 “蜂須賀一族が眠る万年山墓所”の続きを読む