初夏の山岳植物園

標高1000mの花園

P5120027▲標高約1000mに拓かれた植物園。県内外から多くの花見客が訪れています。

本日の徳島は快晴。明日も好天予報となれば、お洗濯もやる気が満ちて、トイレや洗面所や台所やお風呂のタオルも全〜部っ、まとめて洗濯機へドンっ。窓から差し込む絹の光に心地よく目覚めたのは、普段なら考えられない早朝5時30分!

8時前には洗濯も含めていろいろ済ませることができました。はぁ〜気持ちいいっ! というわけで、お仕事にかかる前に、本日のポッポニュースをまとめました。

今朝の空にも勝るような青色が広がった昨日の撮れたて花景です。場所は、山国・徳島にあってなお山深い緑の里、神山町。氷瀑で知られる神通の滝の上流部に位置し、県南の那賀町との境界・土須峠に近い山腹(標高約1000m)に拓かれた、とある山岳植物園。

ここまで書けば、(P.P)読者のみんなは、「あぁっ!あそこね」と、分かったはず。なので今回は名称を伏せておきます(=^・^=)。当ててね。入園料500円を払って、いざ散策へ。園内では赤紫色の花を咲かせる「クリンソウ」と薄い青紫の小さな花の群生「ヒメシャガ」が見頃を迎えていました。

P5120065▲ヒメシャガの群生。一斉に花を咲かせて、遠路足を運んだ客をもてなしてくれます。

P5120070▲クリンソウ。湿地を好む希少な花だそうです。鮮やかな赤紫色の花が、深い森の中では、フットライトのようにも思えました。

P5120071▲オンツツジも森の中で輝きを放っていました。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblr

“初夏の山岳植物園” への 4 件のフィードバック

  1. こんばんは~♪
    その節はで年寄りの介護タクシーボランティアありがとうございました。
    お陰様で楽しい1日を過ごすことができました。

    女神さんが言うように、光と影をとらえた素晴らしい写真楽しませていただきました。
    特にモデルがよかったのかな?

    1. 京子ねぇさま、コメントありがとうございます。介護なんてとんでもありません。ねぇさま方の明るい声と尽きない行動力に連れてってもらってるのがホントのところです。モデルが良かったのは間違いありません(=^・^=)。今後も出演をお願いしますね。

  2. 私は「早起きは1.000円の得」と思っています。 しかし八時までにぜーんぶ用事を済ませたのに、あとの予定がない時のあの一瞬のさみしさよ・・・・(:_;)
    一枚目の写真、モデルの二人には悪いけんど、このロケーションの中ではやっぱりカップルのほうがええなあ
    光と影をとらえた素敵な写真です。

コメントを残す