日本の百名城『丸亀城』

甲羅の上の城

DSCF8732▲麓から4層に積まれた石垣の高さは約60m。日本一の規模なのだそうです。

今日も暑い一日でした(=^・^=;)。おかげで今、感謝の気持ちで満たされています。木陰や屋根の恩恵を身近に感じられたし、夕刻をなでていく風もなんだか甘いしね。

だから先週末、また香川県丸亀市を訪ねたのは暑さを逃れるためではありませんでした。讃岐うどんの歯ごたえを楽しむのと同時に、まんのうの池とそうして丸亀城のことをもう少し知りたいと欲したからでした。

まずは、文字通りカメの甲羅のような亀山(標高約66m)山頂に、そそり立つ石垣の高さと対照的に手頃なサイズの天守閣が鎮座する丸亀城の魅力を訪ねてみましょうか。

DSCF8710▲天守閣に続く急な上り坂。途中で息を整え来た道を振り返りたくなることから、「見返り坂」と呼ばれているそうです。

DSCF8726▲日本一高い石垣の上に、小振りでも堂々とした風格を持つ白亜の城が建っています。

DSCF8737▲夕刻と翌朝の2回、ここを訪れました。何度も見上げたくなる美しい城です。

DSCF8746▲亀山の麓の堀の内の公園。白い野の花が咲き乱れていました。

DSCF8748▲暑い日でしたが、涼しげな掘りが頬の照りを和らげてくれるように感じられました。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblr

コメントを残す