扇風機

レトロな涼風。

P8202389(custom)▲ヒグラシの声が谷を渡る夕暮れ。打ち水で周囲の気温がグッと下がり、代わりに居心地のよさが跳ね上がります。

今日も暑くなりそうです。朝9時の時点で、ふるさと徳島のほぼ中央に位置する吉野川市鴨島町では気温31度。最高35度まで上がる予報で、県内各地でも真夏日になりそうです。日曜日の行楽も体調の変化にはお気をつけください。

さて昨日も暑い日でしたが、ピジョンズ・パーク(P.P)は標高1301m、ナカ(徳島県那賀町)木沢地区を走る剣山スーパー林道のレストハウス・ファガスの森『高城』から高城山(標高約1627m)の山頂へ歩いてきました。

太い幹に霧露を滴らせるミズナラや深山香る太い幹のブナが茂るファガスの森は気温23度。いやぁ涼しかったぁ(=^・^=)。山頂近くに立つ雨量観測用レーダードーム塔の工事が続いているためか、鹿の食害が減って、ササの原が深くなっていました。チクチクと服の上から刺してくるアザミの群生も旺盛。さすがにトゲトゲだらけの堅い葉っぱはシカたちも食べられないのですね。見た目には緑濃くて美味しそうですが(P.P)。

さて、納涼山行の帰り、(P.P)はナカの隣町、神山町の語り部、雨乞滝の女神さまを訪ねました。涼しげで、居心地よさげな気配には、ハイ敏感なのであります(=^・^=)。

気軽に迎え入れてくださった女神さま宅では、涼を呼ぶ打ち水のおもてなしを皮切りに、ノドを潤す冷たい緑茶のサービス、こうばしい香りが漂う鉄板料理の〆は、鈴虫の声に耳を傾けながら、採れたてのスイカの種を飛ばす、大人(おせ)の愉しみ時間にたっぷり浸らせてくださいました。帰りには、特産すだちのお土産もたくさんっ!あらためてお礼を申し上げます。ありがとうございました(=^・^=)。

ところで、女神さまに聞くと自宅辺りの標高は130m程度とのこと。周囲に緑が広がり、サラサラと谷が流れ、通り雨が走り去っていく。「標高は無くとも十分に心地よい涼をもらえるのである」と、うれしい発見に喜びながら(P.P)は、大満足で帰途につかせていただきました。

P8202394▲25年物の扇風機。首は回るけれど伸びる機能は無く、そしてとても重い。だけど今も現役で、心地よい風をたっぷり惜しみなく送ってくれます。壁の時計は午後7時6分を指していました。四半世紀前にタイムスリップしたような気持ちになります。

P8212414▲雨乞滝の女神さまからいただいた町特産の採れたてスダチ。さて、今夜は、冷やしそうめんとハイボールで楽しもうかな(=^・^=)。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblr

“扇風機” への 2 件のフィードバック

  1. 身に余るお言葉の数々に恐縮の至りでございます。
    単なる「田舎のばあちゃんち」なのだ
    時々「生きとるか」確認にお立ち寄り下さい。
    一枚目の写真は和紙に印刷したような感じやな~

コメントを残す