秋の空

天高く

P9012653▲絹の雲。うろこ雲もそろそろ見られそうな、文字通りの雲行きだ。

今日も暑いことは暑いのですが、なんだか違う。数日前、外に出た途端に顔のアブラがピチピチと揚げ頃サインで教えてくれていたのに、今日の陽ざしはどうもチカラが無い──というか、優しい感じになっている。

空を見上げると、雲がちょっと高い位置にあるような気もするし、視線を下ろした先の田んぼで、籾殻(もみがら)の山がくすぶっている。柿の実も太っているように見える。

どれもこれも「秋」を示唆して、食欲だの、読書だの、やれ行楽だ、やれスポーツだのと、ピジョンズ・パーク(P.P)の気持ちを逸(はや)らせようと画策しているように思えてしかたないのだ。

┐( ̄ヘ ̄)┌ふむ。いいだろう。えぇえぇ分かりましたよ。本格的な秋をじっくり待ちながら、とりあえずそわそわしてしまえばいいんだね。

だけどね、(P.P)は今年の夏のことも忘れはしないから。たくさんの記録をブルーレイのタイムカプセルにしまって、またいつか掘り起こすのを楽しみにして。

P9012649▲吉野川市鴨島町の昨日の朝の空。

P9012646▲稲刈りを終えた近所の田んぼ。籾殻を燃やすシーズンがやってきた。というか来てしまった(´Д`)。風向きによっては煙が国道を覆って通行を妨げるし、洗濯物に匂いもつくし、部屋の中に入ってきて息苦しい(×_×;)。困ったものだ。「昔からの風習」なのだろうけれど、今はもう昔じゃないからなぁ。そんなことを思いながら一応、記録。

P8302627▲番ネコも、秋の香りをかぎ分けているようだ。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblr

“秋の空” への 4 件のフィードバック

  1. ちゃむねこさん、川上です。
    確かにまだ暑いけど、少し楽に感じるようになりました。
    秋を感じる写真をありがとうございます!
    元気出たら他の記事も読みますね。

    1. 画伯、久しぶりですね。りんごの作品、あらためて紹介しておきます。新コーナーの立ち上げが遅くなってて恐縮です。もうちょっと待っててね。今秋からの講演、がんばれ!

  2. もみ摺りの時の、はしかいような鼻がムズムズするような匂い。
    そのモミをやく煙の匂い。稲の切株を焼く匂い・・・全てが田舎の「季節の匂い」です。
    街では迷惑になるのですねー。
    番ネコの視線の方向には何があるんやろう。
    「新米だ、栗だ、行楽だ・・・それがどしたい!」と言よるような顔しとる。

    1. 女神さま、コメントありがとうございます。今日も日中は結構気温があがりましたが、夕刻になって涼しい風が。番ネコも部屋に引き入れた秋の涼風に身をゆだねて、うたたねしております。

コメントを残す