善入寺島の花景

ヒマワリとヒガンバナ

dscf9345▲善入寺島から吉野川北岸の堤防道へ抜ける途中、真っ赤な花を咲かせたヒガンバナに出会いました。

今日の徳島は雨。夕べ遅くから降り始めた雨は、今日一日、落ちてきたりやんだりを繰り返す予報です。暑くはないのですが、湿度が高いようで、デスクに裸の腕がくっついて、キーボードを叩きにくかったりします。

雨が苦手ではないピジョンズ・パーク(P.P)ですが、できれば明後日は、夜空に浮かぶ雲は少ない方がいいと思っていたりします。風流を解する(P.P)読者のみんなには待ち遠しい中秋の名月が15日に迫っているわけで。

月日は足早で、はや9月もなかば。季節をあそぶ風流に、時の流れ行くさまを見るのです。(P.P)は、座り込んでみたり、焦ってみたり、惚けてみたり。いずれにしても、何かしなくちゃと渇望はやまないのです。

本日のポッポニュースは、うなだれたヒマワリたちを尻目に、赤く輝くヒガンバナを紹介します。場所は、吉野川最大の川中島、善入寺島。黄色から赤色へ、花のスターがバトンタッチする傍らで、唐辛子の一種、辛くない野菜「あまなが」の収穫が最盛期を迎えていました。

dscf9343▲祭りのあと。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblr

コメントを残す