神山町下分の宇佐八幡神社

鎮守の森に秋近し

dscf9430▲神山町下分地区の宇佐八幡神社。鎮守の森の神木がしっとりとした秋の気配を漂わせていました。

今日の徳島は曇り空。雲の色はそれほど黒くないため、陽ざしも時間によってはあるかもしれないと、期待させてくれます。

さて今日は、久しぶりに香川県の引田あたりまで足を伸ばしてみようかとピジョンズ・パーク(P.P)は目論んでいます。わっ、もう9時!準備を急がなくっちゃ。というわけで本日のポッポニュースを更新します。

前号に引き続き、場所は神山町。樹齢800年を超えるといわれる大クスの御神木「辰の宮大樟」が、大鳥居前で枝葉を広げる宇佐八幡神社に参拝させていただきました。静寂が降りる鎮守の森の社で2拝2拍手1礼。涼を吹くんだ空気を深く呼吸すると、秋の香りが鼻の奥に残ります。鎮守の森ももうすぐ色づくのでしょう。

dscf9437▲大鳥居と大クスの御神木。一見の価値あり。

dscf9439▲しばらく、見ててください。秋祭りのお囃子が聞こえてきませんか?

dscf9440▲みずみずしいヒガンバナの花色。どういうわけか(P.P)は、ヒガンバナに対して、西日に晒されて涸れた印象を抱くのです。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblr

コメントを残す