美馬市木屋平・冨士の池

一ノ森・剣山登山口あたり紅葉調べ

pa183033▲山肌は色づきはじめ、まだ若いもののススキの穂も少し開き加減。

ハタと気づけば10月20日。今年も残すところ2カ月と10日ほどになってしまいました。時はもちろん月日の経つのもアッと言う間なんざんす。

とはいえ、指をくわえて時の過ぎゆくのを見送るようなピジョンズ・パーク(P.P)では、いたくない!ええ、いたくありましぇん!

というわけで、今シーズンの紅葉具合をの調査に行ってきました。場所は剣山のすそ野で標高約1000mほどにある一ノ森・剣山への登山口・冨士の池の周辺で秋の色を探してみました。

空はどんよりと曇っていましたが、空気はあたたかく、用意していた上着の袖に腕を通すこともなく、快適に山の色の変化を観察することができました。

またこの日、(P.P)のポッポニュースではお馴染みの神山町の生き字引「雨乞滝の女神さま」一行がご同行くださいました。

ひとつには紅葉を愛でながらの芋煮会の開催と、そしてもうひとつは、メンバーのお一人「京子姉さま」のおじいさまの足跡を辿るミニ旅という2つの特典が(P.P)のぶらっと紅葉調査に付与されたわけです。

※京子姉さまのブログはコチラ

おかげで、殺風景な心持ちになりがちな(P.P)の一人歩きを、賑やかな笑い声で彩ってくださいました。この場を借りて、お礼を申し上げます。ありがとうございました(=^・^=)。

じゃ、さっそく一昨日の紅葉の具合をご確認いただきましょう。

pa183045▲穴吹川沿いを走る国道438号を辿り、標高800mほどの場所「コリトリ」で、流れを渡り、そこから林道に乗り入れます。

pa183043▲コリトリで一休みしていると、自転車できつい坂を登ってくる人が!海外からの旅人さんでした(=^・^=)

pa182969▲標高1000mを越えたところ、冨士の池という場所に一ノ森経由剣山への登山口がある。この奧は龍光寺の境内なのだな。

pa182974▲ちょうどお昼。紅葉の具合を観察しながら、雨乞滝の女神さまが用意くださったサトイモのお鍋「芋煮」に舌鼓。美味しかったぁ(=^・^=)

pa182999▲お腹を満たして、いざ龍光寺脇から登山道へ。昭和51年に崩れたという斜面には、その後の整備で、たぶん崩落防止用のネットが張られていたのでしょう。深いところを流れる穴吹川の支流をのぞき込むと、今は白い支柱だけが残されていました。

pa183012▲龍光寺の脇から登山道を進むとすぐ、剣山本宮剣神社が建立されています。おや、その奧に何やら人影が???

pa183006▲剣山本宮剣神社に参拝して、向かって右手に回り込むと、等身大の銅像が! これは河口重兵衛翁を大先達として称えるために建立されたものだそうです。元は龍光寺脇に立っていたのですが、昭和51年の豪雨災害で土砂崩れとともに流されたのだそうです。後日になって有志一同が土砂に埋まっている翁像を見つけ出し、今の場所にあらためて奉り、現在に至っているのだとか。正直で信心深い人柄が、そのご尊顔に現れています。

pa183011▲そして河口重兵衛さんこそ、京子姉さまのおじいさまにあたる方で、昔、神領村(現在の神山町神領地区)の村長を務めていたそうです。「大事にしてもろうたんじょ」と京子姉さま。子どもの頃、建立の際の除幕式で見て以来との事で、「久しぶりにおじいさんに会えて良かった」と感激されていました。

pa183016▲剣神社を守る狛犬さん。両手が長く、風貌はどこかしらサルのように(P.P)には見えたんだな。

pa183037▲標高約1000m。剣山系の山肌は紅葉しはじめていました。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblr

“美馬市木屋平・冨士の池” への 4 件のフィードバック

  1. こんばんは~♪
    その節は大変お世話になりました。
    素晴らしく撮られた写真と記事の紹介に感嘆!!
    何度も読み返しました。
    おじいちゃんも日の目をみて喜んでいることと思います。
    有り難うございましたm(__)m

    それとそこに紹介いただいた私のリンク先は作りかけの
    HPで完成していません。
    ブログはhttp://torikyo63.blog24.fc2.comでお願いできますか、
    厚かましくてすみません。

    1. 京子姉さま、コメントありがとうございます。次回も楽しみにしています。どっか、お楽しみ行楽ルートを企画します。ブログのリンク、了解しました。当サイトでも、新規に追加しますね。(=^・^=)

  2. もう一度行ったような気分にさせる写真と解説でございます。
    一枚目の「ススキの中の少女(:_;)」もええけんど、最後のススキと紅葉の写真もいいねえ。
    紅葉真っ盛りの時期も逃さないようにしたいものです。
    大変お世話になりました。

    1. ススキの中の少女様、コメントありがとうございます。これからが、紅葉の本番!!! また、新しい目的地を見つけて、ご一緒できればと期待を膨らませています。

コメントを残す