吉野川市鴨島町・吉野川堤防道路の草刈り

ああ、スッキリ。堤防みち

dscf9660▲事前に刈り取った草を吸い込み、クルクルとまとめて、四角い草の束を吐き出して、どんどん前に進んでいく草刈りマシーン

冬期を除いて、定期的に堤防道路の法面(のりめん)の草刈りが行われています。法面というのは、そうだなぁ…、簡単に言えば、親子や友達やカップルなんかで、段ボールそりに乗って滑り落ち、転がったりなんかして、目を見合わせて、盛大に笑ったり、はにかんだりする場所です。

吉野川沿いの堤防道路でも、朝夕には高齢者を中心に、多くの人がウォーキングを楽しんでいます。その一方で、吉野川市鴨島町にある吉野川堤防道路の法面では、ススキやこれと競合する外来種のセイダカアワダチソウとか、キクの仲間やカヤといった雑草が、これでか!と伸びています。

ピジョンズ・パーク(P.P)は、サクサクと良い感じ刈り込まれて、鮮やかな緑の草原になった堤防道路の斜面を眺めながら、「えらい、すっきりしましたわ」とイガグリ頭をぺろんと撫でて照れ笑いする、草原(法面)の声に耳を傾けていました。

dscf9664▲草刈りを終えた堤防の法面。奧の畑では、刈り取った稲を干している。

dscf9652▲吉野川医療センター前の踏切。普通列車は1〜2両編成。通勤時などは3両。特急列車だと4両なんかもある。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblr

“吉野川市鴨島町・吉野川堤防道路の草刈り” への 2 件のフィードバック

  1. いい気候になって、毎日お出かけのようで・・・
    堤防の草刈り風景、初めて見ました。こんな機械で刈るんですねー。
    まあ、カマで刈っとったら、一年中刈っとらなんだらあかんわな(:_;)

    歌を歌いながら散歩したい気分になります♪

コメントを残す