鳴門市大麻町・大谷焼窯まつり

秋晴れ、ふるさとの祭り。

pb123480▲来年の干支「トリ」の置物も人気。ピジョンズ・パーク(P.P)も、お正月に使うおちょこと合わせて購入しました。

ここ数年、雨続きだったふるさと徳島の秋の直売イベントがあります。鳴門市大麻町の東林院境内で行われる阿波の伝統工芸・大谷焼の展示即売会が人気の「大谷焼窯まつり」です。

ところが今年は様子が違っています(=^・^=)。出店する窯元や毎秋掘り出し物との出会いを楽しみに足を運ぶお客さんたちの気持ちが通じたのでしょう。2日間開催される初日の今日は朝から青空が広がる快晴に恵まれました。

朝9時の開始を待ちきれないお客さんたちで大賑わいの会場を、ピジョンズ・パーク(P.P)もさっそく覗いてきましたよ。

pb123471▲会場の東林院境内を目指して、笑顔の人々が続々とやってくる。掘り出し物が見つかるといいね。

pb123474▲大谷焼窯まつりは明日11月13日(日)も開催される。天候は晴れの予報だ^^)!

pb123485▲境内の紅葉も見頃を迎えている。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblr

「鳴門市大麻町・大谷焼窯まつり」への2件のフィードバック

  1. 干支の鳥も粘土で作るんでしょうが、金属のような色をしていますね。
    まさに「秋」真っ盛りの今日この頃。
    目的がなくても出かけたい気持ち。
    鞆の浦は行ったことがありません。是非行きたい場所の一つです。

    1. 女神さま、おはようございます。鞆の浦は歩いて、食べて、楽しめる名所でした。ちょっと遠いですが^^;)、足を運ぶ甲斐はありました。港町ネコもあちこち寝そべっていて、癒されます。

コメントを残す