神山町上分・姫の滝

神通谷川の新滝初詣。

_mg_5161▲山深い神山町に新滝が登場。さっそく見物に出かけた。

噂には聞いていた“新滝”を拝観してまいりました。ピジョンズ・パーク(P.P)が足を運んだのは、昨日の午後。小春日和というには、暖かすぎるくらいの陽光があふれていました。

新滝が落ちているのは、神山町上分地区を流れる神通谷川の上流部。名瀑「神通滝」の少し下流に位置し、紅葉真っ盛りの渓谷に美しい姿を見せています。

お先達くださったのは、ポッポニュースではお馴染み「雨乞滝の女神」さま。今回、新滝の展望所の整備に、四国山岳植物園「岳人の森」の主・山田勲さんらとともに尽力されてもいます。

もちろん、この新滝の命名にも一役買ったおひとりです。気になる新滝の名は、ジャカジャカジャ〜ン!!!!パフパフッ?!「姫の滝」です。高さは目測で15m〜20mほどあるでしょうか。滝頭を赤い紅葉に彩られ、豊富な谷水が白いラインを引いて真っ直ぐに落ちています。のぞき込むと、深い渓谷から谷風が吹き上げ、水音のこだまが渦を巻いていました。

四季折々に変化する豊かな自然の彩りのもと、雨乞滝、神通滝と並び、同町の名瀑の観光名所として多くの人々の目を楽しませてくれそうです。次回は、雪の頃に参拝したいものだと(P.P)は思うのです。

_mg_5155▲神通谷川の上流部に落ちる新滝。滝頭に滝壺があり、赤い紅葉に覆われている。

_mg_5170▲水量は豊富。この日は二筋の流れを見ることができた。

_mg_5176▲新滝を見下ろして、古道が延びている。「松の休み場」と名付けられた大岩の展望所があり、おそるおそるのぞき込むと、滝頭を彩る紅葉が楽しめた。

_mg_5180▲松の休み場の展望所の眺め。山々は紅葉に染まり、近づきつつある冬をイメージさせてくれた。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblr

「神山町上分・姫の滝」への2件のフィードバック

  1. 昨日はお疲れのところ、あっちゃこっちゃひこずり回してすみませんでした。
    曇り空にもかかわらず、いいレンズと技術できれいな色に撮れていますねえ。
    斜めの滝も躍動感にあふれています。わたしも今度上下逆に撮ってみようかな(^.^)

    1. 女神さま、お時間いただきありがとうございました。おかげさまで、新しい滝を3つも知ることができました。次は、もっと違う光の下で、出会ってみたいと思います^^)

コメントを残す