兵庫県神河町・笠形山麓のモミジ

播磨富士のすそ野散策。

dscf0567▲迷いが無い赤色と黄色。いさぎよいのだ。

やれ師走なのであります。ピジョンズ・パーク(P.P)の中で、せわしない気持ちが盛り上がってきています。

で、そのままやる気急上昇となればいいのですが、シゴト場の片隅では(P.P)番ネコが鼻ふうせんを膨らませているし、窓のブラインドの隙間からは、小春日和を思わせるやわらかな光が差し込んでいたりで、緊張感はしだいに緩んでくるのであります。

本日12月初日のポッポニュースは気持ちの切り替えを込めて、先日、足を運んだ笠形山(標高約939m)の山麓の秋色を紹介します。場所は名水の里として知られる兵庫県神河町。播磨富士とも呼ばれる美しい山容を背景に紅葉と温泉も楽しみました。

dscf0579▲丘の上に鳥居に誘われるまま参拝。天満宮の小さな社にお呼ばれ。

dscf0580▲至るところに名水・霊水が湧いている。味よし。

dscf0586▲日本の里。電気柵もちょっと前には痛々しく見えたが、今じゃ軽トラと同様に田舎の定番風景として落ち着いている。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblr

コメントを残す