吉野川市美郷・高開の石積みライトアップ

10年後の進化に期待。

▲2006年12月17日夜の高開石積みライトアップ。10年後の今年、賑わいやいかに!

10年一昔と言います。ひとつの区切りである10にかけた諺(ことわざ)ですが、実際、人も風景も大きく様変わりすることがあります。10歳だった子どもは成人し、開発中だった団地は新しい住人で賑わっている一方で、人が減り、見る影も無く衰退してしまった村や商店街も少なくありません。

そんななかで、ずっと続く祭やイベント、伝統の類いは奇跡に近いのかもしれません。10年前の2006年12月17日に撮影した写真を放り込んでいたフォルダをごそごそと探っていたピジョンズ・パーク(P.P)は、“高開の石積みライトアップ”というタイトルのデータを見つけました。

そして10年後の今年2016年12月17日(土)、18日(日)の2日間、第19回となるライトアップイベントが高開の石積みを舞台に開催されるそうです(詳しくはコチラ)。10年の時を経て、どんな輝きが見られるのか、どれくらいの賑わいに成長したのか、(P.P)はここまで生き残ってきたイベントの進化に期待を膨らませているのです。

▲10年前の(P.P)は閑だったのか、熱心だったのか。昼のうちにロケハンを行っていたようで(=^・^=;)

▲美郷の農産物の直売所やお接待が受けられる休憩所にも、笑顔があった。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblr

コメントを残す