徳島LEDアートフェスティバル2016・新町川エリア編

イルミネーションの水辺へ。

▲指先が伸びるたび、下駄の歯が鳴るたび、光が流れて見えた。

一昨日から始まった「徳島LEDアートフェスティバル2016」会場を散策したピジョンズ・パーク(P.P)がつづるポッポニュース第2弾!

今回は新町川エリアをちびっとご紹介します。新町川水際公園、藍場浜公園、しんまちボードウォークなど川の両岸はもちろん、流れの中、川面にも球体のイルミネーションオブジェが浮かび、どの位置、どの角度からも、幻想的で美しい光の芸術を楽しむことができました。

徳島市中心部が丸ごとイルミネーションにライトアップされるのはクリスマスシーズン中。(P.P)は記録した写真をあらためて眺めているうち、もう一度、足を運びたくなっているのです。

▲川上から赤色が押し寄せてきた!

▲薄紫一色! 一瞬で変わるから、このタイミングで捉えるのは、結構難しいのだ。腕前なのだ。

▲暖かい色が混ざり合う。

▲今度は、クールな色に変わっていった。見飽きないのだ(=^・^=)。

▲世界の質量を忘れるし、歩いて行けそうにも感じられる。

▲しんまちボードウォークののパラソルショップも賑やかで、繁盛してるようだった。

▲藍場浜公園。立体的な光の変化を楽しめるオブジェを、(P.P)は時間を忘れて見上げた。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblr

コメントを残す