川島町のランドマーク、レプリカ川島城。

吉野川を望む阿波の城。

▲昭和56年(1981)に観光施設として誕生したレストハウス川島城。36年の歳月を経て、なお凜として見えます。

「♪阿波の川島よいところ 昔床しい歴史の町よ しのぶ城山上桜 滝は水神しぶきにぬれて 月の名所は二つ森」とは、昭和43年に制作された川島小唄の “川島町のランドマーク、レプリカ川島城。” の続きを読む

美郷を潤す東山谷川を望む暮石八幡神社。

川のほとりの青い屋根と赤い屋根。

▲清流を挟んだ対岸の道路からも、赤い屋根が目にまぶしい。そうやって「ちょっと寄っていけ」と、(P.P)を招いてくれたのです。

吉野川市美郷といえば、梅酒特区にもなっている県内屈指の梅どころ。もう1カ月もすれば、梅花のたよりが届きはじめる “美郷を潤す東山谷川を望む暮石八幡神社。” の続きを読む

忌部神社摂社をつなぐ、お七社道。

思いがけず、お七社詣りの道へ。

▲普通に、ジョギングしてたはずなのに、古い道に迷い込んでしまった。神様に呼ばれたのに違いないのだ。

遠い昔、忌部(いんべ)氏が吉野川流域を開拓した際、粟がよく実ったことから粟の国、その後、阿波の国と表記されるようになったといったようなことが “忌部神社摂社をつなぐ、お七社道。” の続きを読む

美郷のお花見名所「天野梅園」でつぼみチェック。

見頃のピークは3月中旬か。

▲梅の木の選定作業が行われていました。たくさん、いい梅の実を成らせるため、枝切りを行いますが、だから残った花はいっそう元気に咲くのでしょうね。

先日の徳島新聞に「美郷で梅の花がほころぶ」といったような記事を見つけました。えらくはやい知らせに、やっぱり気候が変わりはじめてるのかなぁ “美郷のお花見名所「天野梅園」でつぼみチェック。” の続きを読む

吉野川市川島町・岩の鼻から暮れる陽と吉野川眺望。

冬の日の暮れ方に。

▲(P.P)が川島町の名所のひとつ「岩の鼻」に登るのを待っててくれたようだ。冬の陽は「それじゃ」と言って、おこうっつぁんの向こうに去って行った。

「今日もいい日だったなぁ」と、ピジョンズ・パーク(P.P)は振り返っています。これといって特別なことはなかったけれど、咳もでないし熱っぽくもない、お腹も “吉野川市川島町・岩の鼻から暮れる陽と吉野川眺望。” の続きを読む

フリーアナウンサー・平石香奈子さん。

所作雑談にも美がおどる人。

▲エネルギー供給会社のPRモデルとして出演してくれたのは…。

今日のふるさと徳島はすっきりと晴れ。空気もほどよく緩んで、ピジョンズ・パーク(P.P)を誘っています。こんな日には、くすんだ色味のシゴト場なんかに “フリーアナウンサー・平石香奈子さん。” の続きを読む

徳島市南田宮・田宮運動公園が雪色に染まった日。

サブイボが立っても空は青くて。

▲陸上競技場を囲む丘を薄絹の雪が覆って、青空に映える。奧に見えるのは、徳島市のランドマーク眉山(標高約290m)。剣神社にも参拝させていただかないと…。

ふるさと徳島に昨日、この冬はじめての、雪景色が広がりました。といっても、ちょこっとですが…(=^・^=)。おシゴトのついでに、ピジョンズ・パーク(P.P)お得意の “徳島市南田宮・田宮運動公園が雪色に染まった日。” の続きを読む

阿波市土成町・ヤギとポニーが迎えてくれる癒やしプレイス。

あああ、癒されます…。

▲ヤギさん、こんにちわ。それにしても、ぷっ、足が短くないですか(=^・^=)? え? 太ってしまったからって…。仕方ないね。つながれてちゃ、運動はなかなかできないもんね。

阿波市の土成町と市場町を結ぶ広域農道に自動販売機がたくさん並ぶ、コインスタンドがあります。ドライバーさんやお遍路さんも利用するの “阿波市土成町・ヤギとポニーが迎えてくれる癒やしプレイス。” の続きを読む

吉野川市鴨島町・旧吉野川遊園地の桜花の記憶。

思い出の場所。娯楽の殿堂。

▲吉野川医療センターの駐車場で桜の選定作業が行われていた。近所のおばちゃんといっしょに固唾を呑んで見守った。ちょっと大げさ(=^・^=;)

ふるさと徳島の今日のお天気は晴れ。空はスッキリ青く、空気はキリリ。新しい一週間の始まりには最高の一日になりそうです(=^・^=)。さて、本日の “吉野川市鴨島町・旧吉野川遊園地の桜花の記憶。” の続きを読む