神山町神領・上一宮大粟神社へ初詣

神麻の大しめ縄を見学。

▲苔むした参道石段も当社の魅力だ。

昨秋、神山町神領にある上一宮大粟神社に麻で編んだ大しめ縄、中しめ縄、小しめ縄が秋の例大祭にあわせて奉納されました。地域の一大イベントとなったようですが、ピジョンズ・パーク(P.P)は残念ながら、この時には足を運ぶことができませんでした。

それが年が明けた先日、やっと祭神よりお呼びがかかり、初詣とあわせて本物の麻をより合わせた、しめ縄(注連縄)を拝観させていただくことができました。苔むした参道石段を踏むたび、キリリとした気持ちがわき、二拝二拍手一礼にて、感謝をお伝えしました。

▲大きな白い鳥居をくぐり、小さな石の鳥居で頭を下げる。奧の山門は、隣接する神宮寺のものだろう。

▲拝殿。天井画が賭けることなく、すべての枠内に描かれている。

▲大しめ縄が一番表。鈴の奧に中しめ縄、拝殿の奧に小しめ縄が祭られておりました。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblr

コメントを残す