徳島市南田宮・田宮運動公園が雪色に染まった日。

サブイボが立っても空は青くて。

▲陸上競技場を囲む丘を薄絹の雪が覆って、青空に映える。奧に見えるのは、徳島市のランドマーク眉山(標高約290m)。剣神社にも参拝させていただかないと…。

ふるさと徳島に昨日、この冬はじめての、雪景色が広がりました。といっても、ちょこっとですが…(=^・^=)。おシゴトのついでに、ピジョンズ・パーク(P.P)お得意の道草で、迷い込んだのは田宮運動公園。とくしまマラソンのフィニッシュ会場と紹介したほうが、みんなにはピ〜ンとくるかもしれません。ちなみに今年の大会は3月26日(日)に予定されているそうです。

そんな田宮運動公園の中心的設備「陸上競技場」のトラックを囲んで、小高い丘が設けられていて、お弁当を広げるのにもおすすめ。もうすぐやってくる春には桜やコブシの木が花を咲かせて、離れがたい景観を見せてくれます。そして昨日は、雪がいいシゴトをしてくれました。丘の斜面を白絹がうっすら覆って、乳首が下着にこすれて痛くなるくらいの寒さだったけれど、青空とのコントラストでもって、(P.P)に打ち合わせの時間すら忘れさせてしまう光景を演出して迎え入れてくれたのです。サンクス。

さて、今日のふるさとの空にも寒風が渡り、なにかしら、いいことありそうなキモチにさせてくれる青色が広がっております(=^・^=)。

▲雪が溶けたトラックは、(P.P)が映り込んでしまうくらいピカピカ。

▲桜の木が枝先を赤く沸き立たせていた。みんなに見上げられる季節に備えて、きっと咲くチカラをたくわえているんだね。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblr

コメントを残す