JR鴨島駅前通りの八幡神社でほころぶ梅花。

境内へ誘う癒しの香り。

▲梅花がほころぶ八幡神社境内に朝日が差し込むと、癒やしが満ちてきた。

幸運なことに、今日のピジョンズ・パーク(P.P)は、朝日を神社の境内でお迎えすることができました。ひと月ほどさかのぼる1月1日。初詣させていただいたJR鴨島駅前通りの八幡神社の境内に、甘酸っぱい香りが漂っているのに気づいたのは数日前でした。ただ、寒かったり雨模様だったりで確かめに行くことができないでいたのです。

そして、ふるさと徳島に青空がすっきりと広がった今朝、満を持して足を運ぶと、ご覧の通りの色合い咲き具合(=^・^=)。鼻を近づけて思い切り息を吸って香りを楽しんでいるところへ、御神木の間から朝日が差し込んできたという次第です。

つかの間、春の抱擁に身をゆだね癒しをいただきました。さっそく二拝二拍手一礼でもって感謝を伝え、(P.P)読者のみんなにも幸運が訪れるよう願いました。

▲梅花は観賞するだけではもったいないと思う。思い切り心ゆくまでお腹いっぱいになるまで、香りを吸い込まなければ。

▲八幡神社境内に稲荷神社と事代主神社が建立されている。こちらは稲荷神社前。豊作祈願なのか、鳥居をくぐるとすぐ実がついたままの稲穂がぶら下げられていた。

▲(P.P)番ネコがやってきて、今日でちょうど11年。体重も思い出も11倍くらいに膨らんだ。

▲2006年2月2日、(P.P)にやってきた番ネコは当初、日にちにちなんで「ニィニィ」と名付けた。けれど、言いにくいのと、人前で呼ぶのはちょっと恥ずかしいのとで、後日改名して「みぃこ」になった。写真をみると、iMacは初期型のG3(間違えた!eMacG4でした)、奧にはパワーブックG4が現役で頑張っている。タバコの箱が転がっているのが、気恥ずかしくもある。11年とは、大変な時間の経過だと、あらためて思う(P.P)なのです。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblr

コメントを残す