両国橋南詰めの早咲きカンザクラが見頃。

梅花より早く咲く特別な桜花。

▲両国橋南詰めで、はやくも夜桜見物。

徳島市の中心地を流れる新町川。そこに架かる両国橋は少し上流に架かる新町橋と並び、両国本町・南内町と富田浜一丁目・東船場町を結ぶ幹線として、毎日、多くの人やクルマが往来する目抜き通りのひとつ。

ピジョンズ・パーク(P.P)は、昨日の夜、所要の途中で両国橋南詰めを散策しておりました。そうして出会ったのが、ずいぶん早く花を咲かせた一本の桜の木。

ほとんど満開と言いたくなるくらいの咲き具合で、(P.P)は首が痛くなるのも忘れて見上げておりました。調べたところ、カンヒザクラ(寒緋桜・別名は元日桜)で早咲きの桜の仲間のようです。

両国橋南詰めの桜の木は、5分咲きといったところで、ほぼ見頃に思えました。昼間の花色も楽しみに足を運んではどうだろうと、(P.P)は読者のみんなに提案します。

▲みんな気づかずに通り過ぎていく。

▲というか、木曜の夜だからかなぁ、人通りがほとんど無くて…。せっかく咲いたのだもの、みんなに見て欲しいよね(=^・^=)。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblr

“両国橋南詰めの早咲きカンザクラが見頃。” への 2 件のフィードバック

  1. 梅より先に桜が咲いたら慌ててしまいます。
    でもなかなかいい雰囲気だこと。
    田舎者は、街中の夜桜なんて見る機会がありません。
    たまには「不良」(私達が若い頃は夜にうろつくのは不良と言われよった(;O;))になって夜のネオン街を歩いてみたいものですわ。

コメントを残す