ちょっと出てくるのが早かったね。

荒れる気候にご注意!

▲トノサマガエルさん? アカガエルさん? 黒くなってしまってて見分けがつかないけれど、ちょっと出てくるのが早かったみたいだね。跳ねるにはまだ、寒すぎるよ。

またまた寒波がやってくるそうです。少しゆるんだと思ったら、冬に逆戻り。山間部では雪が降るかもしれないんだとか。以前、吉野川市美郷の梅園で作業されていた方に聞いた話だと「おこうっつぁん(高越山・標高約1133m)のテッペンが白くなったら、花はいっぺん戻るんよ」とのこと。

陽気にゆるんで開きかけていた花が、寒くなるとまた縮こまって、蕾に戻ったようになって、開花が先送りされるのだそうです。それでも梅の花は少し待てば、また開き直すことができますが、生き物だとそうはいきません!

とくに土中で越冬していた虫や動物やハ虫類には、季節の勘違いは命取り。数日前の朝、ピジョンズ・パーク(P.P)シゴト場の駐車場で、体調5cmくらいのカエルが一匹、干からびていました。

「鳥が運んで来たのかな?」なんて想像しながら、木の枝で突くと、とてもゆっくりでしたが手足が動いていました。「おいおい、かじかんじゃってるんだな」というわけで、スコップで花壇の土に埋め直してあげた(P.P)でしたが、カエルさんがこの後、生き延びてくれるのかどうかはわかりません。

野生の生き物の「勘」すら狂わせるほど、今は気候が落ち着かない時期。(P.P)読者のみんなも、週末を前に体調を崩したりしないよう、どうぞお気をつけ下さいね。

▲「こんな寒い日は、ぬくぬくの部屋にいるのが一番! ね、ご主人」「あぁ、そうだねぇ^^;」

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblr

コメントを残す