やれ楽し! 大きな起伏が名物の第12回阿波シティマラソン。

青空の下、たくさんの笑顔が駆け抜けた。

▲号砲一発! コースへ元気いっぱいに駆け出すランナーたち。

今日のふるさと徳島は、朝からスッキリと晴れて、空気の冷えもほどほど。過ごしやすい一日となりました。そして全国的にもマラソンシーズンまっただ中の今日、吉野川の北岸、中流部のマチ、阿波市で第12回目となるマラソン大会「阿波シティマラソン」が開催されていました。

コースは市場町と土成町を駆ける21.0975kmのハーフマラソンと市役所周辺を会場とする2km(チャレンジマラソン・エンジョイマラソン)の2種。たくさんの笑顔がスタートする瞬間をピジョンズ・パーク(P.P)も一生懸命に応援させていただきました。

▲トップランナーは、スピード感が違う。

▲2kmコースのチャレンジマラソンの部。ちびっ子たちも、どうしてどうして、大人に負けない恰好いい走りだ。

▲阿波市役所に隣接するアエルワ(阿波市交流防災拠点施設)の展望台から。見晴らしバツグンだけれど、誰もいない。独り占めした(P.P)も、実のところ、展望の存在を今回はじめて知った。

▲ハーフマラソンのトップランナーが1時間ちょっと、もう戻ってきた。@@)!

▲ランナーたちが次々に帰ってくる。

▲お疲れ様でした。メーン会場アエルワのオブジェもランナーの頑張りを誉め称えているように見えた。

▲参加賞の土成名物たらいうどん。(P.P)もエントリーしていましたが、事情があって応援だけに(=^・^=;)トホホ。でも、うどんはおいしくいただきました。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblr

「やれ楽し! 大きな起伏が名物の第12回阿波シティマラソン。」への2件のフィードバック

  1. ハーフマラソン、気持ち良さそうですね。
    2kmに車椅子で参加できたら・・・
    アカン、病 再発やわー^_^

コメントを残す