日本一の直瀑、那智の滝へ。

えっとぶりです。

▲どれくらい待ち焦がれただろう。やっとお招きいただいた。

落差はおよそ133mもあるのだそうです。驚きの高さです。原生林の中に、突如として現れる岩壁と流れ落ちる太い水流。和歌山県東牟婁郡那智勝浦町にそびえる熊野三山の一峰“那智山”に落ちる“那智の滝(一の滝)”。日本三大名瀑のひとつに数えられる、規模・容姿に秀でた美滝です。

ピジョンズ・パーク(P.P)も中学生か小学生のころ、バス遠足だったかで、訪れたきり、ン十年ぶりに拝滝させていただきました。滝正面の遥拝所、熊野那智大社・青岸渡寺に参詣参拝したのち、標高約330mの境内から、名瀑を見学。幸運なことに、滝壺に現れた虹を拝むことができました。本日の写真は、神々しく落ちる那智の滝。

本日ポッポニュースで、読者のみんなにも(P.P)の幸運をお分けします。

▲遥拝所から。二礼二拍手一礼ののち、感謝の気持ちを伝えます。

▲青岸渡寺の境内から、那智山から落ちる神々しい那智の滝を望む。

▲朱塗りの三重の塔とのコラボレーションで、いっそう那智山の険しい風景に似合ってみえる。

▲幸運っ! 滝壺に虹が@@!

▲次回は、熊野古道を歩いてみたいと願う(P.P)なのです。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblr

コメントを残す