徳島中央公園で蜂須賀桜が満開だよ!

お城山のふもとに春きてました。

▲徳島市の中心を流れる助任川。水面を望み蜂須賀桜が満開の見頃を迎えています。

あイタッ! 封筒で親指切った! 請求書在中の判子を押して、封をする際、小口がすべってスパッと。欲をかいたわけではないのですが、注意力を欠いていたようです。

年齢のせいかなぁ、鮮やかな赤を期待というか、普通に想像していたのに、実際、指先に滲(にじ)んできたのは粉を溶いたイチゴソーダみたいな薄い色。え?たとえが、古い^^)?。 スプラッタームービーな臭いは捨てて…、

ぽかぽかやわらかな赤、ピンクの花景を紹介します。本日のポッポニュースの舞台は、徳島市徳島町城内、徳島中央公園。

別名、徳島城公園とも呼ばれる親水公園で、助任川の南岸に位置しています。その川沿いで満開の見頃を迎えているのが蜂須賀(はちすか)桜の並木。

ピジョンズ・パーク(P.P)は、昨日の夕刻近く、おシゴトのついでに立ち寄らせてもらいました。というか、シゴトの時間より、公園を歩いてる時間のほうが長かったかも(P.P;)。

蜂須賀桜は藩政の時代に、徳島城を彩っていたそうですが、その後、県内に広がったと伝えられています。早咲きの寒桜の仲間で、ソメイヨシノより一足二足早く、満開を迎えます。その色はあたたかく、見上げるひとのココロをほぐしてくれるのです。

▲手前から、カモメ、蜂須賀桜、眉山です。

▲桜花に、笑い声はよく似合う。

▲行ったり来たり。その場に佇むのもいいけど、じっともしてられない。

▲お城山のふもとをピンク色に染める蜂須賀桜。いい感じだよ。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblr

コメントを残す