吉野川市&阿波市・昔は人も住んだ善入寺島。

ニッポン最大の川中島探検。

▲昔は粟島(あわしま)と呼ばれ、人も住んでいた善入寺島。井戸は使えそうにありませんが、当時の暮らしの息づかいが浮かんできます。

ふるさと徳島には、なにげに日本一とか世界一の自慢があったりします。

たとえば、神山町の “吉野川市&阿波市・昔は人も住んだ善入寺島。” の続きを読む

徳島らしい青石の百万遍供養塔。

みんなの思いが寄せられた脇町野村の石板。

▲大師庵の前庭、古い通りに面して立つ、大きな青石の石板。

百万遍って、ご存じですか? 正確には、百万遍念仏といって、文字どおり念仏を100万回唱える浄土宗・浄土真宗の儀式ことです。

じゃ、一体何のために? 病気の快復もあれば、故人の冥福だったり、みんなの幸せだったりを100万回の念仏「南無阿弥陀仏」に込めて願うのです。しかし、言うは易く行うは難し “徳島らしい青石の百万遍供養塔。” の続きを読む

うだつアリーナから春散策。

脇町の土手道で「菜の花」耽美。

▲土手道の下に広がる河川敷を菜の花の黄色が埋める。竹藪の向こうに、吉野川がゆったり横たわっている。

三連休中日の今日、ふるさと徳島には暖かな春の陽ざしが降り注いでいます。大地を潤して、西から東へ流れるふるさとの大河・吉野川の周辺では、群生する菜の花が “うだつアリーナから春散策。” の続きを読む

黄色い絨毯を渡り御瀧神社へ初参拝。

ついに石段の頂へ。

▲石井町の御瀧神社。初詣させていただきました。

▲石の大鳥居をくぐり、目に鮮やかな黄色が飛び込む参道へ。

3月1日にお呼びがかかたのにもかかわらず、石段の下で見上げることしかできなかった御瀧神社の神様に、一昨日やっと参拝することが “黄色い絨毯を渡り御瀧神社へ初参拝。” の続きを読む

第16回:吉野川市リバーサイドハーフマラソン!

菜の花が咲く土手をみんなでラン♪。

▲ハーフコース1800人、3kmコース300人を募集した第16回大会。たくさんの笑顔が吉野川沿いの土手を駆け抜けた。

朝食は昨日に続き、セブンイレブンのサンドイッチ。フレッシュレタスがたっぷり挟みこまれてて、満腹するのに “第16回:吉野川市リバーサイドハーフマラソン!” の続きを読む