神山町・明王寺のしだれ桜。

境内から湧き出すピンクの森…。

▲明王寺のしだれ桜。名刹の古木は今シーズンも健在です。

清流で知られる鮎喰川の上流部。特産すだちが香る神山町は、しだれ桜のマチとしても花見客の人気を集めています。中でも神山町下分地区の町役場にも近い明王寺のしだれ桜は、春を告げるマチのランドマークとして町内外から多くのファンに支持される桜の古木です。

明王寺のしだれ桜が満開を迎えると町内のしだれ桜もしだいに見頃となるといわれ、町内の桜の開花の指標ともなっています。ピジョンズ・パーク(P.P)がおじゃましたのは4月4日のこと。今日6日もまだ桜花が残っていればと願いながら、一昨日を振り返りました。

▲平日の日中。多くの花見客が境内を訪れていました。

▲見事と言うほかはない枝垂れ具合。

▲境内から湧き出すしだれ桜。

▲さて、次はどこで花見しようかな(=^・^=)。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblr

コメントを残す