圧巻。日開谷川沿いを彩る平行桜花

県道2号線を遡る桜花の並木。

▲日開谷川に沿って河口から約2kmにわたり桜色に染まっていました。

日開谷川は香川県との県境近く、阿波市市場町大影地区の熊埜大権現あたりの山中に湧き、県道2号線沿いに南下して、阿波病院脇で吉野川に注いでいます。その河口から上流に向かって道沿い約2kmにわたり、樹勢旺盛なソメイヨシノが2列等間隔で植えられています。

桜花のシーズンに通りかかろうものなら、思わずドライバーにブレーキを踏ませ、ウォーカーやランナーを立ち止まらせ、頭上を見上げさせて、ためいきをつかせる──。そんな光景が広がるのです。

ピジョンズ・パーク(P.P)が見上げたのは、花曇りから雨に変わった4月8日(土)の昼。咲ききったばかりの満開の桜花は、可憐ではあっても少々の風雨には負けない若々しい強さを感じさせて、(P.P)をしばし楽しませてくれました。今日のふるさと徳島は冷たい雨模様。桜花はまだ頑張っているのに違いありません。

▲「きれいだねぇ」と、華やいだ声が風に運ばれてきます。

▲8日(土)のお昼には、満開の見頃を迎えていました。

▲雨に打たれる満開の桜花。風雨に散る気配はありませんでした。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblr

コメントを残す