新宮城跡の桜花。 後編

県外編:桜花が誘う丘の上の城跡。

▲丹鶴山山頂に続く急な石段は桜花のトンネル。

昨日はお休みをいただきました。そして明日のポッポニュースは更新が遅くなるか、もしくは休刊いたします。読者のみんなには、ちょっとごめんなさい、なのです。でも、なぜ? 和歌山県の紀南でもなく、東京の上野でもなく、うどん県の髙松でもありませんが、県外出張のためっ。っんなわけで現在、早朝から資料読みで忙しくしております。

というわけで、一昨日の続き。丹鶴(たんかく)城こと新宮城趾の桜花風景です。いわれは分かりませんが、丹鶴といわれるだけあって、赤い城だったのでしょうか? いつか分かり次第、追記します。

さて、江川鴨島公園など、ふるさと徳島の桜花は昨日、ほぼ散ってしまいましたが、ピジョンズ・パーク(P.P)を満開の桜花で迎えてくれた丹鶴城のピンクの樹花風景を紹介しますね。

▲新宮市の町並みと新宮川。

▲この石垣の上に築かれた城から、マチを睥睨(へいげい)していたのでしょう。

▲来年はここで夜桜を楽しみたいな。

▲丹鶴山の山頂はまさに遺跡。

▲ため息をつきながら、在りし日の城のスガタを思い浮かべていました。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblr

“新宮城跡の桜花。 後編” への 2 件のフィードバック

  1. ちゃむねこさん
    今日、明日は雨なので
    ゆっくり休んでください。
    また記事を楽しみにしてます。

    1. 画伯、こめんとありがと。今しがた、県外出張から帰ってきました。面白かったよ。
      出張先は画伯にもなじみ深いマチ。あらためて、紹介しますね。お楽しみに!

コメントを残す