阿南市伊島町・歴史も緑も深いぞ、伊島。

島に謎の湿地。

▲島の北部に広がる湿地。かつては水田としても利用されたそうです。

古墳時代。3世紀〜7世紀といわれています。伊島で5世紀くらいに作られた土器のかけらが見つかっているそうです。

西暦400年代だから、今から1600年くらい前に、すでに島に暮らしがあったと推測されます。平安時代中期には、紀州から海を越えて空也上人が島を訪れ、浄土教を広め観音堂を建立したとも伝えられています。これは1000年ほど前になるのかな。

そして戦国の時代には阿波水軍の重要拠点としても注目されました。そんな歴史深い伊島には、かつて水田としても活用された湿地があります。

日本の重要湿地500にも選ばれている、伊島の湿原。中央付近に謎の円形窪みがあり、湿原を埋める、ほかの葦(あし)とは違った色合い、大きさをしています。

さて、伊島には、どれくらいの不思議と魅力が眠っているのか…。ひょっとすると、通う回数だけ、興味は深まるのかもしれません。

▲島のほぼ中央に口を開ける溜池。

▲イシマササユリ。今頃、満開の見頃を迎えているはず。

▲空也上人が島の北部に建立した観音堂。

▲島に唯一の湿地。

▲奈良時代から信仰を集める。大師堂と当所神社。

阿南市伊島町・大切な水と希少な花のある伊島。

離島の暮らし。

▲遊歩道を登り、開けた場所から伊島町の集落がギュッと固まっている様子が見えました。島に暮らしているみなさんは老若男女160人ほど。

昨夜は久しぶりに徹夜。今日のお昼までに納品しなければならない原稿が2本も重なってしまって…。まぁ、どうにか間に合ったので良かったのですが。ピジョンズ・パーク(P.P)の頭はベトベト、腰は痛いわで、意識も少し霞んでおります。

そんなわけで、ちょっと更新が遅くなってしまった伊島シリーズ第3話。伊島町の集落から島の北、深部へ続く遊歩道を歩いて、(P.P)が出会った笑顔やつぼみや水面の輝きをご紹介します。

▲遊歩道の坂道を登っていくと、住民の方が降りてこられました。足下にあった、つぼみを指して「イシマササユリじゃわ。もうちょっとしたら、見頃になるわ」と、希少な花の芽を教えてくれました。

▲小高い丘の上に人工池が雨水をためていました。島では、水道が整備されるほんの少し前まで、水の確保に苦労したのです。

▲細い竹を切って、向かう先はトマト畑。

▲ピジョンズ・パーク(P.P)は奧へ。

▲伊島灯台。昭和31年から60年にわたり、紀伊水道を行く船の安全を見守り、島の子どもたちの遊び場になってきた。

阿南市伊島町・ワンダフルアイランド伊島。

いっぱいある! 見どころと希少な自然。

▲本島のほぼ南端。太平洋を望む岩場があり、強風の折には、打ち寄せた波が30mもの高さにまで伸び上がるとのだそうです。この日は、どこまでも凪いで、紀伊半島はもちろん、パプアニューギニアまで見えそうに思えたのです。

人が暮らしているとはいえ、本島の大きさは周囲わずか10kmに足りず、集落があるのも港に面した狭いエリアのみ。残りの2島は橋でつながっている “阿南市伊島町・ワンダフルアイランド伊島。” の続きを読む

阿南市伊島町・有人の伊島。

連絡船に乗って、四国最東端の島へ!

▲阿南市津乃峰町の答島港。ここから連絡船「みしま」に乗っけてもらって、約30分の船旅が待ってます。片道おとな1020円。

このところ、ピジョンズ・パーク(P.P)は、フェリーに乗る機会が多く、それは “阿南市伊島町・有人の伊島。” の続きを読む

吉野川市鴨島町・お稲荷さんと赤鳥居。

お礼のキモチが並ぶ江川稲荷神社!

▲江川湧水公園にも、ほど近い、築山の上の江川稲荷神社。夏草が伸びていますが、常には清掃されていまs

稲荷大明神を祀る稲荷神社。日本で最も多い神社だといわれています。ピジョンズ・パーク(P.P)のシゴト場の近くにも建立され “吉野川市鴨島町・お稲荷さんと赤鳥居。” の続きを読む