ここは阿波池田。銀座、八千代のある通り。

懐かしい街角と思い出の味わい。

▲通りは新しくなったけれど、味わいは昔のまま。

懐かしい味というものは、記憶の底に眠っていて、それは死んでしまっているわけではないから、何かのきっかけ “ここは阿波池田。銀座、八千代のある通り。”の続きを読む