吉野川河川敷のセンダンの森。

大満開!河原で咲き誇る紫の樹花。

▲吉野川の河川敷で咲き誇るセンダンの森。

青空が広がっているのに、光を遮蔽したシゴト場にずっと閉じ籠もっているなんて、誰にできるでしょう。いくらエアコンが効いて、自分好みにおとすこだわりホットコーヒーや、愛してやまないコカコーラや、チョコや和菓子や、そんなのが、どれだけ誘っても、ピジョンズ・パーク(P.P)の尻を落ち着かせることはできやしないんです。はい。

夏日にジリジリと脳天から焼かれ、乾いた土埃がノドや鼻腔をざらつかせ、シャツが背中に張り付いても、(P.P)はこうして吉野川の土手道を越え、河原に続く白い土道を辿ってほんとに良かったと実感するのです。

水筒を忘れ、ノドの乾きに耐え抜いた(P.P)を迎え入れてくれたのは、今や盛りと紫の花を咲き誇らせるセンダンの森。吉野川の河川敷を埋め尽くして、樹高15mほどにまで成長した大樹の森。ヘビがちょっと怖いけれど、花のあるうちに、星空とともに見上げるのもいいかなって、(P.P)に思わせてくれる、ふるさと徳島の風景なのであります。

▲砂埃の立つ白い道を抜けていくと、薄紫の花をそれこそ無数に咲かせたセンダンが群生していました。

▲草むらをかき分けてとも思ったのだけれど、どうにもヘビの気配が…。

▲で、やむなくズーム。iPhone7の画像ですが、望遠もそこそこ。とはいえ、より鮮明な画を求めてくれる読者のみんなには、ゴメンね。

▲わっっっ! 小さいけれどたくさんの花の声が聞こえました。

▲街路樹や庭木としても活用されるそうだけれど、吉野川河川敷のこの森は、自然に増えた野生樹に違いない。だって、勢いがそんなふうに教えてくれるからね。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblr

「吉野川河川敷のセンダンの森。」への4件のフィードバック

  1. 初めまして!夫婦で徳島の風景や動植物を撮って遊んでいる(撮っていると言っても始めて間もない素人ですが^^;)つちくれと申します。
    善入寺島のひまわり、を検索していてこちらにたどり着きました^^
    この木、センダンの木って言うのですね!
    撮りに行きたくなりました。蛇注意でw
    これから時々お邪魔させていただきます。
    よろしくお願いします^^

    1. つちくれさま、ご訪問ありがとうございます(=^・^=)。それから、丁寧なコメントも感激です。徳島県内の名所やイベントがメーンですが、ローカルベストで満足しています。またどうぞ、ぜひお立ち寄りください。

  2. 今日、外は、暑かったみたいですねー
    家の中は22℃で過ごしやすかったです。
    センダンの木を知れました。
    為になります。おおきに!

コメントを残す