高知県東洋町・甲浦駅と八幡神社そして宍喰の港。

甲浦駅から海部駅まで。

▲阿佐東線・甲浦駅。東洋町を走る国道55号を通ることはありましたが、駅は初めて(=^・^=)。

明日から雨だそうです。夕刻になって、予報どおりなのか、ふるさと徳島の空も雲ってきました。曇り空とはほど遠く、高知県東洋町の甲浦駅から見上げた空は、青く澄み渡っていました。

先週末6月3日(土)の昼過ぎ。阿佐東線の起点・海部駅から阿佐海岸鉄道の列車に乗り終点・甲浦駅に降り立ったピジョンズ・パーク(P.P)は、海岸線を北に延びる国道55号に沿って、海部駅を目指しました。距離は約12.5km。海風は意外にもサラリと澄んで心地よく、強い陽ざしも和らいで感じられました。

▲海部駅に向かうときは、「あさちゃん」になる1両編成の阿佐海岸鉄道の列車。

▲甲浦駅前に鳥居を発見。呼ばれるままに、近づき、鳥居の扁額(へんがく)を見上げると、八幡宮と。

▲さっそく2拝2拍手1礼で、甲浦八幡神社の御祭神(八幡神・やはたのかみ)ご挨拶。

▲稲がそよぐ奧に延びる鉄橋は阿佐海岸鉄道阿佐東線。(P.P)もあの鉄橋を渡ったのだね。

▲「溜池かなぁ」っと思っていたら…。

▲小池川という川でした。

▲国道55号に出ると、目の前に白浜海水浴場の砂浜と青い海が広がっていました。

▲そのまま国道55号沿いの歩道を中心に、堤防道路などを経由して宍喰港へ。この位置からだと見えませんが、港の右奥、土手の向こう側に宍喰川が流れています。

▲宍喰川とカモメがモチーフの宍喰橋。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblr

コメントを残す