県外編:和歌山県すさみ町・広瀬渓谷に落ちる琴の滝。

すさみ八景の秘滝で涼浴。

▲すさみ八景のひとつに数えられる琴の滝。

今日のふるさと徳島の空は薄曇り。湿度の高さから梅雨明けの遠いことが察せられますが、意外にも気温は上がっていないのか、通りを渡る風を涼しく感じます。涼といえば、滝。渓谷に谷の水といっしょに落ち、滝壺から吹き流れてくる冷たい空気は、ピジョンズ・パーク(P.P)の混濁した思考をスッキリとまとめてくれる妙薬だったります。

というわけで、本日のポッポニュースは海を挟んだ隣県和歌山県すさみ町の滝景を紹介します。すさみ町は紀伊半島の南端近く、山海の幸に恵まれた自然豊かな土地柄。特産の「餅鰹」が採れる太平洋の漁場から、すぐに山がせり上がって、深い渓谷を成し、そこに多くの滝を落としています。

(P.P)が足を運んだのは7月5日(水)のこと。午後一番に約束していた打ち合わせまでの1時間。ちょっと寄り道、道草のつもりがついつい歩いて、分け入って、汗だくになったうえ、昼食も取りそびれるはめに。

けれど、そんなことはどうでもよいと思えるくらいに、深い癒しと大きな満足をいただくことができました。

すさみ八景にも数えられる広瀬渓谷に落ちる落差約20mの秘滝「琴の滝」と多くの小滝。次回はしっかりと足下を固め、お弁当も持って、準備万端で訪ねたいと、(P.P)に思わせてくれる、県外のベストプレイスに出会えました。

▲涼しげな色と光に誘われて、断り切れない(P.P)なのです。

▲澄んで流れる周参見川。この少し上流に広瀬谷川がそそいでいます。

▲広瀬谷川のほとりに延びる遊歩道。というか山道。誘われるままにひたすら登ってゆきます。

▲谷の色はそれはもう輝いて、(P.P)は吸い込まれてしまいそうになるのです。

▲琴の滝。深く緑に輝く滝壺から涼風が吹き付け、汗だくの(P.P)を冷やし癒してくれたのです。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblr

“県外編:和歌山県すさみ町・広瀬渓谷に落ちる琴の滝。” への 4 件のフィードバック

  1. こりゃまたなんとも!魅力的な場所ですねー^^
    また一つ撮りに行きたい場所が増えました。

    そうそう、P.Pさんのブログを読ませて頂いたのがきっかけで先日、善入寺島行ってまいりました!まだひまわりの見ごろには少し早かったようですが、通い詰めたくなるような魅力的な場所ですね。
    我が家の今後の楽しみが増えました。ありがとうございます^^

    1. おはようございます。ご訪問ありがとうございます。善入寺島のブログ楽しみにしています。雨の日の写真「ああ、なるほど」と拝見しました。梅雨明けは、まだもう少し先のようですが、いろいろなシーズンが持っている魅力的な表情を探したくなりました。^^)

  2. 琴の滝、良い天気で涼しげですねー
    でも三好市長選挙の今日のこちらは、先日の台風以上の雨です。
    p.pに癒されてます。ありがとう^_^

    1. 画伯、おはよ。雨は苦手でない、むしろ好きと言ってはばからないピジョンズ・パーク(P.P)ですが、やっぱり「過ぎる」のは困りもの。ほどほど、が何ごとも良いようで。

コメントを残す