那賀町木沢・国道193号沿い大轟の滝。

ナカ奧に落ちる雨後の滝。

▲ナカ奧(那賀町木沢地区)を流れる沢谷川に落ちる「大轟の滝」。国道193号沿いから見ることができます。

ふるさと徳島の南部の那賀町は、ナカの愛称で親しまれる緑濃い山間の里。とくに木沢地区はナカ奧と呼ばれるいっそう山深い地域。

ピジョンズ・パーク(P.P)は木沢地区を訪れると、坂州木頭川にそそぐ沢谷川の河口近くに落ちる「大轟(おおとどろ)の滝」を眺めるのが定番。そうやって疲れをしばし癒すのも、ナカ奧ドライブの楽しみなのです。

この日、午後に降ったにわか雨が、滝壺周辺の緑を洗い、流れを太らせて、大轟の滝をいっそう輝かせていました。

▲滝の周辺では、深い渓谷美が楽しめます。

▲ナカ奧ドライブの楽しみは、夏の涼があちこちに見つけられること。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblr

“那賀町木沢・国道193号沿い大轟の滝。” への 2 件のフィードバック

  1. 私の中で徳島で滝といえば、周りの雰囲気も含め大釜の滝!でしたが、こちらも美しいですねー^^
    撮りにいかなければ!でありますw

コメントを残す