那賀町相生・相生森林美術館の夏休み特別展。

「たじまゆきひこ展」に行ってきたよ。

▲相生森林美術館の夏休み企画「たじまゆきひこ展」開催中だよ。

那賀川の中流。深緑を映して満々と山水をたたえる川口湖畔に小さな美術館があります。木や森や自然をテーマにした相生森林美術館です。

常設展は木を素材にした彫像や造形作品で見応えがあります。そして年間に数回開催される企画展は、毎回、趣向が凝らされ、厳選された作家さんの作品展示で人気を集めています。

現在、開催されているのは「たじまゆきひこ展」。型絵染と絵本原画の展示です。館内展示スペースを余すことなく使い、鮮やかな色が踊っています。期間は9月10日(日)まで。入館料は一般320円、中学生以下は無料です。

この日、足を運んだピジョンズ・パーク(P.P)は、展示壁やパネル、ガラスケースの作品に加え、天井を多う大型の布に染められた作品を、穴があくほど、首が戻らなくなるくらい、見上げていました(=^・^=)。

▲基本的に撮影はできませんが、ここは大丈夫。※(P.P)は別件取材のため、ほかの展示も特別に撮影させていただきました。

▲木と緑をテーマにしたナカのアートミュージアム「相生森林美術館」。庭散策も楽しめます。

▲企画展は9月10日まで。

“那賀町相生・相生森林美術館の夏休み特別展。” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.