三好市・剣山に咲くキレンゲショウマ。

山の日に咲く、天涯の花。

▲キレンゲショウマ。古い小説の内容にちなんで「天涯の花」とも呼ばれます。

国民の祝日「山の日」が生まれて、今年で2年目。青空が広がった8月11日。ピジョンズ・パーク(P.P)は、剣山(標高約1955m)の山頂へ。山の日を記念して山頂で開催されるイベントの記録担当として、随行させていただきました。

数回にわけて、当日の風景を数回にわけてご紹介します。まずは、天涯の花の異名を持つ、高山植物「キレンゲショウマ」の群生と開花の様子です。沢沿いの急な斜面で、日陰を埋めるように黄色い花が群れて咲いていました。

※掲載されている写真の無断転用はダメだよ。メールで使用の趣旨を知らせてくれれば、たいていはOKするからねっ(=^・^=)。

▲つぼみと花と、花びらが散ったあとのがくが混在しています。

▲沢沿いで湿気が多く、日陰を好んで咲くように見えました。

▲真正面に見えるけれど、かなり上を見上げて撮影しています。キレンゲショウマは、うつむいて咲く、しおらしい花なのです。

▲急な山の斜面、沢を埋めるように葉を広げ、黄色い花を咲かせていました。見頃は、例年、お盆明けくらいまで。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblr

コメントを残す