徳島市・阿波おどり。

ぞめきのリズムに誘われて。

▲富田町をふらふら。あっ。見つけた!

人は、どうも前倒しでものを考えてしまう生き物のようで…。朝夕に、少し涼しい風が吹いたりすると、秋の足音を聞いたきになったり…。でも、今日は8月15日、本場「徳島市の阿波おどり」最終日だし、夏休みだって、まだ2週間も残っています。

夏は、まだ本番で、スイカだって、ナシだって、モモだって、まだまだ主役。ブドウにはちょっと早く、柿や栗の出番はずっと先なのです。本当です。というわけで、ピジョンズ・パーク(P.P)は、暑い夏の象徴「徳島市の阿波おどり」を昨夕、楽しんで来ました。

街角では、たくさん熱い踊り場面にも出くわして、ついついシャッターを切ってしまいます。何度かにわけて、踊り天国となった町のようすを掲載します。

▲知ってる方が踊り子さんで参加されていました。街角で、なめらかに舞う、阿波おどりを観賞させていただきました。

▲連の名称は「今昔物語組」。ゆっくりとした古い踊り方から洗練された今の踊りまで、いろいろな阿波おどりで魅せてくれました。

▲踊りの〆は、連のメンバーみんなで賑やかに。楽しませていただきました。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblr

“徳島市・阿波おどり。” への 4 件のフィードバック

  1. 阿波踊り、奥が深いですね。行きたくなりました。県外の方で、徳島市でしか、していないと思っている方、多いんですよ。わたしは、むしろ、徳島市の阿波踊りを見たことがなくて、いつか、行きたいなと思います。

  2. ちゃむねこさん
    徳島の阿波踊りを教えてくれてありがとう!
    池田も始まりました。また行ってみたいです。

コメントを残す