山川町・種穂山山頂の忌部種穂神社。

標高379mの神域を目指せ。

▲田園が広がる山川町の一角。山上の種穂神社へ通じる鳥居さんを見つけました。偶然を信じない(P.P)は、お呼びいただいたことを確信して、くぐらせていただきました。

ここ数日、涼しさを感じていたのですが、今日は朝からアチアチの好天&夏日。こんな日は、クーラーの効いた冷え冷えのシゴト場で、まったり番ネコ(=^・^=)と過ごすのが一番!、…な〜んて考えないのがピジョンズ・パーク(P.P)なのであります。

速乾アンダーウェアに腕を通したら、日焼け止めもそこそこに、自然の涼を求めて緑のフィールドに立ちたいと願うのです。とはいえ、今日はまだ平日。おシゴトは放っておけないのです。

ン、なので…、本日のポッポニュースは、数日前の休日、やっぱりスカッと晴れた日の外景を紹介します。場所は、山川町で吉野川を望む小高い丘「種穂山(たなぼやま)」の山頂(標高約379m)。そこに建立されている忌部種穂神社さんに、お参りしてきました。

滝のような汗をかきながら登り詰めた種穂山山頂の境内には、案の定、清々しく冷えた風が吹いていたんだよ。

▲JR徳島本線に平行して走る田園の道。汗をだらだら流しながら、(P.P)は前方に見える小高い丘「種穂山」山頂を目指しました。

▲あんまり暑いから、だったんだろな。涼しげに流れている水路が気になってしまったのです(=^・^=)。

▲水の中の生き物たちにとって、空はこんなふうにボヤケて見えているんだね。

▲標高約379mの山頂。忌部種穂神社に到着。御祭神のみなさまに、二拝二拍手一礼。お呼びいただいたお礼を申し上げました。

▲境内で寛ぐ古い狛犬さんたち。「こんにちわ、また寄せてもらいましたよ」と、ご挨拶。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblr

コメントを残す