鴨島町森藤・くすくす、壇の大クス。

ふるさと指定の天然記念物さ。

▲壇の大クス。これだけ太く高く育っても、まだまだ樹勢は盛んなのです。長生きさんですね。

徳島県神山町と吉野川平野を分ける山並みの北側。吉野川市鴨島町の森藤地区に、壇の大クスと呼ばれる堂々としたクスの巨樹が生きています。

樹周10mあまり、樹高は約35mに達し、さらに樹齢は破格の950年と推定されています(=^・^=)!。

ところで、切り倒さずに、樹齢はどうやって調べるんだろう? 太い枝が折れていたりすれば、そんなところから年輪が数えられたりするのかもしれません。

数日前の爽やかに晴れ渡った日。ピジョンズ・パーク(P.P)はそんなことを考えながら、徳島県の天然記念物にも指定されている、地域が誇る大クスを見上げておりました。

▲根っこを守るため、近くには寄れません。それでも、少し離れたところからでも、気持ちの良い空気の流れを感じることはできました。

▲若宮神社の小さな社が祀られています。ご挨拶させていたきました。

▲おまけ。壇の大クスの近くで見つけました。読者のみんなは、「祭りの始まり」「祭りの終わり」どちらに感じますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください