神山町阿川・二ノ宮八幡神社の狛犬さん。

梨の峠を越えて行こう!

▲神山町阿川に建つ二ノ宮八幡神社。

ピジョンズ・パーク(P.P)は、年に数度だけれど、鴨島町から南へ山越えで延びる県道31号線を辿り、梨の峠を経由して神山町阿川および神領地区へ彷徨うことがあります。

初秋の風に誘われた先週の日曜日。(P.P)はペットボトルで凍らせたカルピスを背負い、慣れ親しんだ甘味「安宅屋羊羹」(三好市池田町)を2つポケットにねじ込んで、エッチラオッチラ、スタコラサッサ。

本号では、梨の峠を下った先にある二ノ宮八幡神社の境内を紹介します。お楽しみください。

▲(P.P)の友人が言いました。「狛犬さんは、虎とかライオンとかに似てない?」と。「だったら、狛猫と呼ぶべきじゃないかしら?」と。フム…。(P.P)は考え込んでしまったのです。

▲人を招くとされる左手を挙げた招き猫。当社の祭神は、みんなの願いをたくさん叶えてきたのです。

▲石垣も塀も鳥居も階段も全部、石造り。

▲このあと、小野地区にくだり、神領へ向かう(=^・^=)。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblr

“神山町阿川・二ノ宮八幡神社の狛犬さん。” への 2 件のフィードバック

  1. 狛犬さんもこうやってアップで見たら、神社によって表情が違うんやなあ。ここの境内には、地元出身者が出世のお礼に奉納したという立派な馬(二宮神社は馬の神様)の銅像?があります。又イチョウの大木は町内第四位の太さ(女神の調査による(^^♪)です。紅葉の頃に又走ってきてみてね。お疲れさんでした。

コメントを残す