神山町神領・雨乞い滝の女神さま宅の秋。

名瀑のそばで秋の味覚とり!

▲裏の畑で、たわわに実ったすだちの実をもいでくれる雨乞い滝の女神さま。鋭いトゲに注意が必要なんだって(=^・^=)。

朝夕の涼しさに秋の足音が聞こえるようになりました。ピジョンズ・パーク(P.P)は、平地よりも、ひとあし早く秋の色が濃くなる神山町へ足を運びました。

ITをキーワードに猛烈な変化をみせている同町で、歴史をたどり、移りゆく町の風景に愛情をそそぐ「雨乞い滝の女神さま(麻空弘美さん)」を訪ねました。

町の中心地、神領地区──。ふるさと徳島が誇る三大名瀑のひとつ「雨乞いの滝」への遊歩道入り口近くにある女神さまの畑では、まるまると太ったすだちが緑の色を濃くし、枝をしならせ、たわわに実っています。鋭いトゲを避けながら、ひとつふたつと実をもいで、(P.P)に袋いっぱいに持たせてくれました。

秋を代表する味覚「栗」拾いとあわせて、今シーズンの行楽計画を錬る楽しい時間もたっぷりいただきました。女神さま、ありがとうございました。次は、どっかの森か史跡へ、ご一緒いたしまますね(=^・^=)?

▲山際にわいた入道雲。でも、もう夏のチカラは持ち合わせてはいないようで…。端っこからちぎれては、ウロコみたいに広がって行くのです。

▲光の加減も、秋めいてきたような…。

▲女神さま宅の甘柿。サルや小鳥に出遅れないよう、
せっせと通わなければ(=^・^=;)。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblr

「神山町神領・雨乞い滝の女神さま宅の秋。」への4件のフィードバック

  1. 過分なご紹介に恐縮、恐縮でござります。見飽きた我が家の周辺も、よその人のレンズを通して見たらちょっとええとこに見えたりして・・・(^^♪
    次郎柿、楽しみにしとってね。

  2. こんにちは。
    気温だけは夏のまま、次第に秋めいてきています。
    果樹の恵みは、四季を通して、お腹も心も満たしてくれますね。自家製ポン酢は、いつも、すだち。
    指先が、いい香りになって、しばらく、幸せになります。そのあと、美味しくて、お腹もいっぱいに。
    今年は、ちょっと、お腹のほうは、セーブです。

    1. やーにゃさん、おはようございます。すだちが最盛期になって価格も手頃に。これからたっぷり使えます。サンマに、お刺身に、お味噌汁に、食欲の秋。…あっ、セーブされてるんですね(=^・^=;)

コメントを残す