神山町神領・若宮神社の天皇まつり。

神領地区で出会った秋祭りの賑わい!

▲9月10日(日)。神山町神領の若宮神社の境内に人が集まっていました。

先週の日曜日。神山町に「雨乞い滝の女神さま」を久しぶりに訪ねた折、ピジョンズ・パーク(P.P)は奇遇にも神領地区の秋祭りに遭遇。町筋に立って、しばらくまつりの賑わいに身を浸しました。

若宮神社の拝殿で稚児さんによる笛鐘太鼓の奉納に耳を傾け、神官の祝詞で神様を迎え入れた神輿を氏子さんたちが担ぎ、町内を練り歩くのに、しばらく(P.P)も、くっついて回らせていただきました。

神輿を先導する紫の幟(のぼり)が秋風に揺れ、季節の移ろうのを知る機会となりました。

▲神主さんが祝詞を唱え、神様は神輿に移ります。

▲神様の乗った神輿は、氏子さんたちに担がれて町筋を練り歩きます。

▲今年の収穫に感謝を捧げ、来年の豊作を願いながら。

▲秋祭りがあるかぎり、地域に笑顔が絶えることはないのだろうと、(P.P)は確信しているのです。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblr

コメントを残す