県外編:兵庫県赤穂市・赤穂大石神社に初参拝。

四十七義士が鎮座する聖域へ。

▲四十七義士の石像が参道の左右に立って、参拝客を迎えてくれます。

以前、赤穂城跡を訪ねた際、ピジョンズ・パーク(P.P)は、隣接する赤穂大石神社に参拝させていただきました。昔、年末になると大石内蔵助率いる総勢47人の義士による討ち入りをテーマにした時代劇がテレビ番組の恒例になっていました。

主君の恨みを晴らした義士たちの長、大石邸を境内とした赤穂大石神社には、大願成就のご利益があるのに違いありません。(P.P)は、土佐藩藩祖を祀った山内神社に続いての、藩祖詣でをさせていただきました。

▲淡島祭? 調べてみると淡島明神を祀り、霊験をいただく祭典なのだそうです。霊験とは女性の病を癒しや悩みを除くチカラ。オトコの(P.P)には分かりませんが、とりあえず読者のみんなにご利益があればと願うのです。

▲神門では、大黒さまが迎えてくれます。

▲神門の番人のもう一方は、恵比寿さま。お寺山門の仁王様もいいけれど、神社神門の大黒恵比寿もありがたいのです。

▲赤穂大石神社の拝殿。初参拝させていただきました。

▲大石内蔵助の銅像。大願成就の象徴。

▲旧大石邸が藩祖を祀る神社になっていました。明治33年の創建だそうです。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblr

コメントを残す