明石市:明石城跡と明石城まつり。

県外編:城跡公園で秋イベントを楽しむ。

▲明石城跡を散策。見えているのは国の重要文化財「坤櫓(ひつじさるやぐら)」。

淡路ジェノバラインで明石港に渡ったピジョンズ・パーク(P.P)は、JR明石駅に隣接する明石城跡を訪ねることにしました。城跡の周辺は明石公園として整備され、(P.P)が足を運んだちょうどその日、秋イベント「明石城まつり」が開催されているのに出会いました。

小笠原忠真(おがさわらただざね)が築城、初代藩主として入城した明石城はすでにありませんが、国の重要文化財に指定されている2つの櫓(やぐら)を見学させてもらいました。そぼ降る雨の日の城跡散策で見た風景を記録しておきます。

▲特別公開されていた坤櫓を見学させていただきました。

▲こちらはもうひとつの国の重要文化財「巽櫓(たつみやぐら)」。

▲2代将軍徳川秀忠の命令を受け、築かれた城の石垣。隙間から延びた夏草が秋色に染まり始めていました。

▲城跡のある明石公園内では、明石城まつり2017が開催されていました。鳥は、イベントに参加していた鷹。

▲公園内を成り歩く和装の女性たち。忍者や手まりで遊ぶ子どもたちも江戸時代の装いでイベントを盛り上げているようでした。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblr

コメントを残す