三好市:剣山山頂のご来光。

荘厳な日出1955。

▲山頂に夜明けが近づいている。ここは、ふるさと徳島の最高峰。

快晴と夏日の奇跡に恵まれた日。ふるさと徳島が誇る最高峰の山頂で、ピジョンズ・パーク(P.P)は荘厳な日出、いわゆるご来光を待ち受けておりましたッ! 風に冷気は無く、けれど空気は洗われたように清々しく澄んでいました。

そうやってお迎えした朝日は、山肌を赤く焼いて、色づく木々をいっそう鮮やかに染めて昇り、移りゆく季節を教えてくれたのです。今週も今日で最後。やり残さないようにしようって、思っているのです(=^・^=)。

▲雲海は薄く、甘く味付けされた霞がたまっているように見えた。

▲県内で最も高い位置にある祠。二拝二拍手一礼。

▲山小屋「剣山山頂ヒュッテ」の屋根が暖められていく。

▲みんな、金色に輝いていた。

▲角度を変えると、みんな銀の光を放っていた。

▲ここに、無い色は無い。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblr

コメントを残す