那賀町木沢:ファガスの森「高城」の賑わい。

もう一度、剣山スーパー林道へ行こう!

▲ナカ(那賀町の愛称)の山を知り尽くす地下足袋王子こと平井滋さん(中央)。剣山スーパー林道ドライブを楽しむライダーのみなさんにとって頼れる存在です。

昨日からの雨で、ふるさと徳島は平地でも肌寒さを増しています。

標高約1300m。ブナの巨樹が茂るファガスの森では、すでに冬支度がはじまっているそうです。「昼の気温も10度をしたまわるようになった。もうあっという間に冬じゃわ」と、剣山スーパー林道の休憩宿泊施設レストラン・ファガスの森「高城」の管理人、地下足袋王子こと平井滋さんが教えてくれました。

剣山スーパー林道は日本一長い未舗装道として知られ、総延長は1市3町にまたがる約87.7km。最高標高は約1500m。真っ赤な大紅葉に染まる秋は足早に去り、すぐに長い長い冬が横たわります。

剣山スーパー林道は冬期通行止め。ファガスの森「高城」の営業も11月いっぱいとのこと。まだ、紅葉の残る剣山スーパー林道へ、もう一度出かけてみたいと、早くも暖房を効かせてしまったシゴト場で、ピジョンズ・パーク(P.P)は考えています。

▲四輪駆動車で剣山スーパー林道を楽しむドライバーさんも、シーズン中にたくさん訪れていました。

▲休憩宿泊施設ファガスの森「高城」のレストラン棟。10時のオープンを待ち兼ねて、多くのお客さんが来店していました。

▲名物シカ肉カレー。これは、シカ肉ハンバーグがトッピングされた豪華版カレー。てんこ盛りで800円!!!

▲地下足袋王子特製のシカ肉カレーは、ライダーのみなさんにも大人気。

▲大紅葉に染まる剣山スーパー林道を、オートバイで駆け抜けるのは、さぞやキモチがよいのでしょうね(=^・^=)。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblr

コメントを残す