吉野川市:川島潜水橋と阿波中央橋と江川。

秋の吉野川夕景

▲江川湧水を源に流れる江川。川面が鏡になり、そして道に変わった。一葉の絵画のようだ。

長雨のせいだろうか──。頬杖をついて窓外を眺めるのにすっかり慣れてしまったピジョンズ・パーク(P.P)なのであります。

そんなクセに気づいたのは昨夕。久しぶりに雨があがり、散策にでかけた吉野川堤防みちを辿りながら、夕景の濃い色や風の奥深い香りや水面に映った雲の高さやをあらためて思い、一方で(P.P)は外出の喜びにまみれたのであります。

本日のふるさと徳島は陽が射しています。シゴトの作業が遅い(P.P)は、本日も缶詰。台風22号が接近中とのことで、読者のみんなには、つかの間の晴れを満喫してほしいと願うのです。

▲川島潜水橋の空に、日没が迫っていた。

▲阿波中央橋から吉野川の川上を望む。台風21号の雨で増水し流れているのに、止まっているように見えた。(P.P)はなぜか、取り残されたようなキモチになったのだ。

▲おまけの番ネコ:「寝ても覚めても、あくびをしても、時間は過ぎていくものなんだニャ」と、気怠くいう。なのに不思議と焦りを感じさせるご意見なのだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください